« バックナンバー | トップページ | 野菜嫌いの »

2011年1月10日 (月)

出雲大社日記

鳥取砂丘に続き、山陰旅行のもう一つのビア太郎的メインは“出雲大社”。

何はともあれ、出雲大社に行ったらお金投げねば…と心に決め、ツアブロの大渕さん文章を色々思い出しつつ、猛吹雪の中、レンタカーをこわごわ走らせつつ行ってきました。

念願叶って、お金投げた。その時の様子はこちら

うん、この時の写真は、『地下街』のジャケ写と結構アングル近いんじゃね。

そしてこの写真はちょいと横からって感じ?

Photo

で、肝心なお賽銭投げは…ホントにホントにホントにホントにたいへんだ~。

お金、ちっともしめ縄に刺さらないっす。

Photo_2
(お金、財布から出してる所。この時はまだ誰も投げてない…)

ビア太郎が行った時は、誰もしめ縄に向かって投げてなくて、特に何の説明もないし、こりゃやっていいもんか?とちょいと悩んだ悩んだ。

まぁ、ゆずさんがやってたのはココに間違いないっていう確信があったので、思い切って投げ始めたら、

観光客の皆さん、こぞって投げ始めたっ。

よ、良かったんだろうか…。

観光客の皆さんも、ビア太郎同様、何回も投げていらっしゃったので、そういうもんなのかな?

一発で刺さったリーダーが、すごかったってことでしょう。うん。

ビア太郎なんて、ほんとキャッチボールしてるみたいだったもん。跳ね返ったお金がダイレクトで取れる…。

ちなみに、出雲大社は今建て替え中。仮殿があって、それはこちら。

Photo_3

で、『地下街』のジャケ写やゆずさんたちやビア太郎が投げていたのが、道を挟んで隣の敷地にある建物。なんか、結婚式とかできるらしいよ。

Photo_4

出雲は“神無月”が“神有(在)月”なんだよね。

全国の神様が出雲に集まって、お見合いするようですよ。

Photo_5
これは、神様が入る所らしい。長屋みたいな。そのシーズンは各戸のトビラが開け放たれるんだって。

一つ一つは地味な感じだけど、それがかえって歴史を感じさせる、そんな所でした。

最後に素敵な松並木の参道。

Photo_6

|

« バックナンバー | トップページ | 野菜嫌いの »

ゆず話」カテゴリの記事

飲んだくれ*旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バックナンバー | トップページ | 野菜嫌いの »